大会4日目にしてやっと大会成立。
結論から言うとゴールならずで失敗。

レース中盤、強くなってきた南風を読み切れず低く動いてしまったのが敗因。
ただ同じような成績の選手が40人近くいるので、そのくらいのレベルだってこと。
その上のレベルに行くにはもっとしっかり飛ばないといけない。

反省点としてはキープハイでもっと楽なレース展開にしないといけないし、スタックも禁物。
コンディションとしては日本の春と同じような感じなので、
「良いサーマルだけを使って駒を進める」「渋いエリアはキープハイで動く」
要はいかに基本に忠実に飛べるかと言うこと。

TASK1 84km35位 576点


ちなみに、日本チームの大門さんは5位。
さすが大門さん!
日本の頂点は世界にも通じると言うことだ。
[PR]

by yujisuzukis | 2011-07-23 22:09 | 世界選手権

<< チビの生きる道    New Equipment >>