世界選手権から帰ってきて最初の大会、第9回池田山カップに行ってきた。

『世界戦で学んできたことを活かせるか?』『次の世界戦に出るためのポイントを取らなければならない。』
そんなことを考えて挑んだ。

Task1。途中降りそうになるもなんとか戻したが、最後コース選択が悪く、ゴールならず。6位。

Task2。スタートから先頭を走るも第一パイロンを取ってランディング。意外と4位。

Task3。好スタートするも、途中スタック。だいぶ置いて行かれたと思って飛ばしたら、ゴールまで150m届かずランディング。ゴールをしていれば5分も断トツで1位だったらしい。
言葉にならない。悔しい。
痛恨の11位。

人生2回目となるはずだった優勝を逃し、総合6位。


反省をすれば、
スタートライン近辺に早めに待機し良いスタートを心掛けた結果、毎回最初のスタートゲートで高い位置でスタートできた。
Task1,3は、もっとゴールへの執着心があればゴールできた。いかなるときも一歩冷静になりゴールすることを考えるべき。
[PR]

by yujisuzukis | 2011-09-22 01:24 | フライトログ

<< 日本選手権2011    帰国、そして新しい生活 >>