今年最初のハングシリーズ、来年の世界選手権日本代表を決める大事な大会のひとつ、
和歌山で行われた『紀ノ川スカイグランプリ2012』に出場してきた!

結果から言うと、
総合3位!!

4日間全てコンディションが良かった為、世界戦代表になるためのポイントを大きく獲得できた。
良くも悪くも自分の実力を再確認できたし、とても有意義な大会になった。


さて、大会を振り返って少しずつ反省。

まず初日。
5番目でゴールしたものの、スタートを少し失敗した。
スタート前が渋かったのもあるが、スタートラインで待機する為の準備が不十分。
もう少し早くTOして、早く上げて、しっかり待機するべきだな。

2日目。
西風が強く、ゴール者は無し。
やはりスタートを失敗し、2回目になってしまった。
九度山からの帰りに西風に阻まれ、北山麓に降りてしまった。
山の斜面に当たる風を利用すべく、山を上手く使って帰るべきだった。

3日目。
この日は80kmとロングタスク。
スタート前のサーマルがはっきりしてなく、疑問に思いつつも1回目でスタートしてしまった。
ロングタスクのことも考えると2回目スタートの方が良かった。
それと、橋本からの帰りに沖を使うか山を使うか中途半端なコースを選んでしまった。
途中、しっかり上げずに動いてしまったのも良くなかっただろう。
ゴールしたもののタイムが遅くなってしまった。

4日目最終日。
スタートはそれなりに良かった。
それでも先頭集団に少し遅れていたのを、追いつこうとスピードを上げたのが良かった。
ただ、最後から2番目のサーマルが慎重になりすぎた感がある。

今後の課題としては、スタートをきっちりすることと、一人で飛ぶ力を付けることかな。


それにしても、優勝したD門さん、準優勝のI垣さんにはまだまだ実力差があるなぁ。
早く追いつきたい。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-02-15 17:07 | フライトログ

<< トントントンカップ2012    今年最初の大会 >>