2/17~18に学生・OBが力を合わせて母校の名誉を賭けて戦うトントントンカップが行われた。
トントントンとは東京大、東海大、東京農工大のこと。

近年は人数も減ってきてしまい、小規模な大会になっちゃったけど、昼も夜も熱いバトルが繰り広げられる。

2日目のハンググライダー競技では、コンディションが良かったものの、割と淡白に降りてしまい、あまりチームに貢献できず、東京大に優勝を持っていかれてしまった。

今回は負けた悔しさよりも、相手チームキャプテンへの賛辞に尽きる。

そのT田先輩は、30代にも関わらず10代の学生を差し置いて徒歩パイロンで1位になり、ハンググライダーの方でも普段忙しくてあまり飛べていないにも関わらず、パイロンをほとんどGETし、かつデュレーションでも体力が尽きるまで飛んで見事1位。
個人成績でダントツのTOPになり、東大を優勝へ導いた。

学ぶべきところは、その勝利への執念。
ハンググライダー競技では精神力が成績に大きく影響する。
勝利に固執しすぎて安全性を蔑ろにはできないが、あれほどの勝利への執念、僕にはまだまだ足りないなと感じさせられた。

T田パパ!来年は負けませんよ(笑)
[PR]

by yujisuzukis | 2012-02-28 15:50 | その他

<< 西富士・丹那ツアー    紀ノ川スカイグランプリ2012 >>