このGWに行われた日本選手権の2日目に
MOYESのニューグライダー・LITESPEED RXが日本でデビューとなった。
平林選手がRX3.5、そして僕がRX3に乗った。

RX3の感想は、
○まず、翼面積が12.8と軽量級パイロット向けだけあって、とにかくコントロールが軽い。
 確かにこれなら女性パイロットでも難なくコントロールできると思う。
○そして、気になるのが滑空性能。この日はあまり距離を飛ぶことができなかったので、少ししか試せなかったが、約10kmのグライドでみのるさんや磯本さんと遜色なくグライドすることができた。
○加えて、ソアリング時のRSの特徴でもあるコアに絡んでいく感じが残ってるのも嬉しい。

天気がイマイチであまり飛べてないけど、RX3.5も早く乗ってみたいな。
次回またRXで飛んだときは、感想書きますね。
でも、まずは色んな人にRXに乗ってもらいたい。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-05-05 19:10 | その他

<< アスリートデー    日本選手権2012を終えて >>