Task5。
北北西に285kmのCROVISストレートゴール。

長距離タスクに「とりあえずゴールさえすれば!」と意気込んでTOするもぶっ飛ぶ。(僕の上下にいた数機も降りてました)

2本目。ぎりぎり1回目のスタートに間に合うかと思ってTOするも風上に引っ張られ、間に合わず泣く泣く2回目のスタート。
しかも一人。。。

何度も降りそうになりながらも200km飛びましたが、216km地点LD。
時間がかかり過ぎ、降りたのは7時半でした。


Task6。
北北西に130km行った後、東に30km(アゲンスト)のL字タスク。

Task5の結果から「大事なのは平均速度(極力良いリフトのみを使う)と団体行動」だと反省し、挑んだTask6。
やっと上がりきったのは一回目のスタートから7分後。第一集団からだいぶ遅れたと判断し、2回目のスタートを待つことに。
その後スタート近辺に雲がなくなり、やっと上がりきったのは2回目のスタートから4分後だったが、さっきよりも高度が高いので2回目でスタート。
アゲンストレグで追いつければGOODと思い、平均速度を意識して飛ぶ。
30kmくらい行ったところで、前の集団に追いつくがサーマルが弱い。
少し上げなおし+1m/sより弱くなったところで発射。
誰か付いてくるだろうと思って発射したが誰も来ない。。。
結局団体行動出来ず、そのままサーマルにヒットせずに44km地点LD。


平均速度を意識しなければならないが降りては元も子もない。
平均速度と団体行動の兼ね合いが難しいです。

[PR]

by yujisuzukis | 2007-08-16 22:32 | フライトログ

<< Task7 実質最終日    大会4日目、日本チーム全員ゴール >>