6/30(日)は予報と正反対、雨どころかサーマルが豊富でいくらでも飛べる条件となった。

RX3を軽量ハーネスで飛ぶつもりで足尾に行ったら、S子が試乗したいと言う話になり、急遽RX3.5をテストすることに。

とゆうわけでLITESPEED RX3.5の試乗レポートを書きます。

〜装備〜
軽量パイロットのつもりで飛ぶ予定だった事情から、体重59kg、多点釣りの軽量ハーネス。
服装荷物も普通より3kgくらい軽いので「裸体重56kgで普通の一本釣り」くらいのイメージかな。

〜コントロール性〜
下限以下で乗ってもコントロールは難無くこなせる。
普通にサーマルにも入れるし、山際も気にならない。
強い突き上げに翼端を持ち上げられた際に弾かれそうになるもなんとか出来るくらい。
LDはさすがに下限以下で乗ってるだけあって、機体が暴れてしまった。(その時LDの風が荒れてるのもあったけど。)

〜グライド性能〜
ハーネスが多点釣りなのであまり参考にはならないと思うけど、その割にスピードの乗りがとても良かった。
VGフルオンでのコントロールも下限以下の割りに、サーマルコンディションでも真っ直ぐ飛べる。
滑空比は大会で飛んでいないのでまだ分からないが、アゲンストでもしっかり前に進んでる感触を受けたんで、とても期待できる。

〜ソアリング〜
TO直後の激渋な時間帯をバリオ無しだったので、なかなか上がらなかったけど、RSの特徴だった「サーマルコアに引っ張られる感じ」がRXにもしっかり残っていたため、そのサーマルを上げ切ることができた。
後半のGoodコンディション時、強くて細いサーマルでも回しやすくてかなり好感を持てる。

〜総評〜
体重下限以下で乗ったにも関わらず、コントロールも軽い、スピードの乗りも良い。
正規体重(65〜75kg)で乗ったら、かなり調子が良いんではなかろうか。
これに乗って大会に出たらどんなことになるんだろうo(^O^)o
[PR]

by yujisuzukis | 2012-06-07 10:49 | フライトログ

前回の書き込みからすっかり遅くなってしまった。
来週末のハンググライダー日本選手権に向けて、しっかり反省しえおきましょ。

板敷スプリングフライト 2日目

○スタートラインあたりのコンディションがかなり渋かったが、2回目のスタート時間で上手くスタートできた。
 <反省>結果的には1回目のスタート時間に板敷側からスタートしたIたさんがかなり速く飛んでいた。ただ考え方としては自分の選択は間違っていなかったと思う。

○中盤、「低くても前」を意識しすぎて、結局先頭集団においていかれてしまった。
 <反省>前を意識するのではなく、強いリフトで上げきることを意識していれば良かった。コアを早く見つける能力がまだまだ足りない。

○後半、コンディションが渋くなったと判断し、弱くてもしっかり高度を上げてから移動した。
 <反省>コンディションの変化を感じ取ることができたのは良いが、実際コンディションは思っていたよりも良かったみたい。ただ、ゴール手前10kmくらいがかなり渋かったので、やはりここでも切り替えが必要となった。


~総合反省~
○結局は基本である「コンディションの変化を読む」ことが大事。これを今後もっと意識していくべし。
○焦りがちな性格を踏まえると、「しっかり上げてから移動する」といった意識を持っていこう。


もうすぐ日本選手権があるので、このあたりを意識して挑むかな。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-04-13 12:47 | フライトログ


今回はGoodコンディションと激渋コンディションが入り混じり、ゴールするのがとても難しい大会になった。
まぁ初日はそれに対応できずゴールできなかったんだけど。。。


初日の反省

○スタート前のサーマルが流されてしまい、しかもスタート直前にサーマルがなくなり結局600mしかない状態でスタート切るはめに。
→弱いサーマルでもしっかりしがみ付いていれば、良いスタートは切れた。
○高峰山でやっとサーマルが強くなったので、前の集団に追いつくべくスピードを上げた結果、先頭集団に追いついた。
→コンディションが良いときは速く飛べる。
○小川町の先でコンディションが渋くなったにも関わらず先を急いでしまい、結果高度を上げられずLDしてしまう。
→コンディションの変化にもっと早く気付いて、キープハイで動くべきだった。

当たり前のことだけど、「とにかくコンディションの変化を気にすること」
特に追いかける展開だと、焦っていて気持ちに余裕がないので気付き辛い。
どんな時でも、冷静にその時の状況を見つめること。
やっぱり当たり前のことをしっかりやらないと。。。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-03-26 23:39 | フライトログ


3/16(金)~20(火)に2012年度2戦目の大会である板敷スプリングフライトへ行ってきた。
5日間あったが、2日目~4日目は雨やら強風やらでキャンセル。

僕の成績はと言うと、
初日がゴールまで届かず、12位。
最終日がギリギリでゴールに辿りつき、3位。

そして総合で5位になり、来年の世界選手権出場にちょっとだけ近づいたかな。

両日ともかなり厳しいコンディションで、いろいろ課題の残る大会になった。
これらの課題がクリアできれば、もっと上位に行けると思うんだけどな。

詳しくはまた後日書きます。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-03-23 21:05 | フライトログ

3月3日に足尾月例会行ってきたよ。

・・・。
激シブもいいとこ。トップアウトしてないのに40分も飛んださ。
まぁ、渋い日の練習ということで。。。

そんな中、D門さんは雲底1100mまで上げてそれなりに動いてたみたい。
まぁ、TOしたタイミングの違いということで。。。


その日の夕方、親友でフライヤーでサラリーマンしながら大学院に通ってるT田くん
が研究結果の報告会を行ったので見てきた。
テーマは「気象学から見たスカイスポーツ」
内容は「サーマル(熱上昇気流)の構造」と「平地サーマルの発生シミュレーション」。

ハンググライダーと大学研究が繋がるなんてスゴイこと。
この繋がりがもっと進んで、サーマルの解読が進んだらみんなもっとたくさん飛べるようになるかな。

ってゆうか、働きながら大学院に通ってる彼がスゴイ。。。
応援してますよ~
[PR]

by yujisuzukis | 2012-03-08 18:02 | フライトログ

2/25~26で僕が所属しているハンググライダー社会人サークル「かもたま」の西富士丹那ツアーに行ってきた。
あいにく両日とも天候に恵まれず飛ぶには至らなかったが、雰囲気のある旅館と温泉、おいしい料理にお酒、そしてくだらないバカ話で笑いまくり。
飛べなくてもこうゆうのがあるから、ハンググライダーは楽しい。

I川さん、ツアー隊長ありがとうございました。
またオネガイしますね(笑)
[PR]

by yujisuzukis | 2012-03-01 17:05 | フライトログ

今年最初のハングシリーズ、来年の世界選手権日本代表を決める大事な大会のひとつ、
和歌山で行われた『紀ノ川スカイグランプリ2012』に出場してきた!

結果から言うと、
総合3位!!

4日間全てコンディションが良かった為、世界戦代表になるためのポイントを大きく獲得できた。
良くも悪くも自分の実力を再確認できたし、とても有意義な大会になった。


さて、大会を振り返って少しずつ反省。

まず初日。
5番目でゴールしたものの、スタートを少し失敗した。
スタート前が渋かったのもあるが、スタートラインで待機する為の準備が不十分。
もう少し早くTOして、早く上げて、しっかり待機するべきだな。

2日目。
西風が強く、ゴール者は無し。
やはりスタートを失敗し、2回目になってしまった。
九度山からの帰りに西風に阻まれ、北山麓に降りてしまった。
山の斜面に当たる風を利用すべく、山を上手く使って帰るべきだった。

3日目。
この日は80kmとロングタスク。
スタート前のサーマルがはっきりしてなく、疑問に思いつつも1回目でスタートしてしまった。
ロングタスクのことも考えると2回目スタートの方が良かった。
それと、橋本からの帰りに沖を使うか山を使うか中途半端なコースを選んでしまった。
途中、しっかり上げずに動いてしまったのも良くなかっただろう。
ゴールしたもののタイムが遅くなってしまった。

4日目最終日。
スタートはそれなりに良かった。
それでも先頭集団に少し遅れていたのを、追いつこうとスピードを上げたのが良かった。
ただ、最後から2番目のサーマルが慎重になりすぎた感がある。

今後の課題としては、スタートをきっちりすることと、一人で飛ぶ力を付けることかな。


それにしても、優勝したD門さん、準優勝のI垣さんにはまだまだ実力差があるなぁ。
早く追いつきたい。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-02-15 17:07 | フライトログ


明日から紀の川スカイグランプリが始まる。

来年行われる世界選手権の日本代表を決める今年最初の大会である。

先週末は1時間ほど飛んで機材のチェックをしたし、一昨日の夜はムタと過去のフライトログを見てエリアの復習もしたし、まあまあ準備はOKかな。

とは言っても、あまり気合いを入れると空回りするのが僕の修正なので、大会を楽しんできまっす。
そうすれば、おのずと成績も付いてくる。

関西フライヤーと絡んで、王将食べてと、楽しみじゃ。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-02-08 22:22 | フライトログ


先週末に飛び初めしてきた。

日曜は晴天ながらも、+80mくらい。
リフトはそれなりに良かったんだけどなぁ。
さすが板敷!
いつも稽古つけさせてもらってます(笑)


月曜はちょっと浮気。足尾でフライト。
しかし、セットアップ中に板敷からTOしたM松さんが「わざわざ足尾に行かなくても良かったのに」と言わんばかりに足尾上空に笑顔で登場。
今年も板敷の平和はM松さんが守ってくれそうです。

この日はMAX1200m。上がった人は1400mくらいまで上がったみたい。
イタリアで一緒に戦ったO田さんと少し一緒に動いたんだけど、無線も合わさずに一緒に飛ぶのはアイコンタクトで意思疎通してるみたいで楽しい。
でも、サーマルトップで待っててくれたのに先に足尾に戻っちゃって悪いことをしたな。
O田さん、ごめんなさいm(_ _)m
テストフライト1時間20分


今年はたくさん飛びたいな。
[PR]

by yujisuzukis | 2012-01-11 22:29 | フライトログ

10/6~10にかけて茨城県で行われた日本選手権に行ってきた。
昨年の日本選手権は3位だったので、今年はさらにその上を行くと意気込んで挑んだ。


初日
TO-キノコ山ー高峰山ー飯田ダムー足尾MLD 45kmタスク

渋いコンディションながらなんとか上がり、2回目のスタート。
1回目にスタートした人達に追いつき、調子良く飛ぶも飯田ダム近辺がオーバーキャストで上がらずLD。で、10位。

2日目
50kmくらいのタスクが組まれるも強風のため、キャンセル。

3日目
TO-烏山ー富谷山ー八郷役場ーMLD 83kmタスク

加波山で良いあがりをしているも、後半は雲底が上がる予報&I垣さんD門さんが2回目のスタートを
待つそぶりをしていたことから自分も一緒に待つことに。

結局コンディションは良くならず、1回目よりも低い高度でスタートするも、烏山近辺で先頭集団に
1サーマル差まで詰め寄り、富谷山で追いついた。
が、低くなりすぎた為富谷山で上がらず降りてしまった。
ちなみに、D門さんは烏山で先頭集団を追い抜いたらしい。やはり世界4位の飛びは格段違った。
Daily 12位

4日目
TO-群馬県藤岡市 ストレートゴールで92kmタスク

ビッグタスクを組まれるも足尾近辺は激渋!
800mくらいまで上がった人たちから西へ発射。
自分はみんなよりも遅めになってしまい、トノヤンと愉快なMOYESチームで西へ発射。
西で1サーマル+ちょろっと上げただけであえなくLD。
Daily 11位

最終日
TO-猿公園ー燕鉄塔ー難台山ー国民宿舎つくばねー足尾TOー八郷役場ー足尾MLD 38km

激渋予報に加えて西風。早めに並ばないとスタートが遅れると判断し早めに準備。
それが功を奏して1回目のスタートに間に合う。コンディションも予報に反して案外良い。
コース取りが悪く、燕鉄塔を取れずに板敷へこぼれるも「さすが板敷!」この日最高のリフト+3m/sで上昇し、燕鉄塔を取って再度板敷で上げる。この日の板敷はどこでも上がる感じ。
その後難台山で上げ、足尾に400mくらいで帰ってくるも、足尾は激渋。H林さんが上げたサーマルに乗り切れず、距離を伸ばしてLD。
それにしても、ホームエリア板敷のサーマルは居心地が良かった。

Daily 1位


総合成績 4位


<反省>
基本的に、良い動きは出来ていたものの、初日や3日目みたいに途中から渋くなるコンディションに
うまく頭が切り替えられず、低く動いてしまい距離を伸ばせないで終わってしまう。
前回の池田の大会でもそうだった。
日本のコンディションはこういったことが頻繁にあるので、空中でもっと冷静に状況判断しなくては
ならない。
常に先の空域を見て、渋くなってないか判断するべきだ。
[PR]

by yujisuzukis | 2011-10-15 09:19 | フライトログ