10/6~10にかけて茨城県で行われた日本選手権に行ってきた。
昨年の日本選手権は3位だったので、今年はさらにその上を行くと意気込んで挑んだ。


初日
TO-キノコ山ー高峰山ー飯田ダムー足尾MLD 45kmタスク

渋いコンディションながらなんとか上がり、2回目のスタート。
1回目にスタートした人達に追いつき、調子良く飛ぶも飯田ダム近辺がオーバーキャストで上がらずLD。で、10位。

2日目
50kmくらいのタスクが組まれるも強風のため、キャンセル。

3日目
TO-烏山ー富谷山ー八郷役場ーMLD 83kmタスク

加波山で良いあがりをしているも、後半は雲底が上がる予報&I垣さんD門さんが2回目のスタートを
待つそぶりをしていたことから自分も一緒に待つことに。

結局コンディションは良くならず、1回目よりも低い高度でスタートするも、烏山近辺で先頭集団に
1サーマル差まで詰め寄り、富谷山で追いついた。
が、低くなりすぎた為富谷山で上がらず降りてしまった。
ちなみに、D門さんは烏山で先頭集団を追い抜いたらしい。やはり世界4位の飛びは格段違った。
Daily 12位

4日目
TO-群馬県藤岡市 ストレートゴールで92kmタスク

ビッグタスクを組まれるも足尾近辺は激渋!
800mくらいまで上がった人たちから西へ発射。
自分はみんなよりも遅めになってしまい、トノヤンと愉快なMOYESチームで西へ発射。
西で1サーマル+ちょろっと上げただけであえなくLD。
Daily 11位

最終日
TO-猿公園ー燕鉄塔ー難台山ー国民宿舎つくばねー足尾TOー八郷役場ー足尾MLD 38km

激渋予報に加えて西風。早めに並ばないとスタートが遅れると判断し早めに準備。
それが功を奏して1回目のスタートに間に合う。コンディションも予報に反して案外良い。
コース取りが悪く、燕鉄塔を取れずに板敷へこぼれるも「さすが板敷!」この日最高のリフト+3m/sで上昇し、燕鉄塔を取って再度板敷で上げる。この日の板敷はどこでも上がる感じ。
その後難台山で上げ、足尾に400mくらいで帰ってくるも、足尾は激渋。H林さんが上げたサーマルに乗り切れず、距離を伸ばしてLD。
それにしても、ホームエリア板敷のサーマルは居心地が良かった。

Daily 1位


総合成績 4位


<反省>
基本的に、良い動きは出来ていたものの、初日や3日目みたいに途中から渋くなるコンディションに
うまく頭が切り替えられず、低く動いてしまい距離を伸ばせないで終わってしまう。
前回の池田の大会でもそうだった。
日本のコンディションはこういったことが頻繁にあるので、空中でもっと冷静に状況判断しなくては
ならない。
常に先の空域を見て、渋くなってないか判断するべきだ。
[PR]

by yujisuzukis | 2011-10-15 09:19 | フライトログ