今年最初のハングシリーズ、来年の世界選手権日本代表を決める大事な大会のひとつ、
和歌山で行われた『紀ノ川スカイグランプリ2012』に出場してきた!

結果から言うと、
総合3位!!

4日間全てコンディションが良かった為、世界戦代表になるためのポイントを大きく獲得できた。
良くも悪くも自分の実力を再確認できたし、とても有意義な大会になった。


さて、大会を振り返って少しずつ反省。

まず初日。
5番目でゴールしたものの、スタートを少し失敗した。
スタート前が渋かったのもあるが、スタートラインで待機する為の準備が不十分。
もう少し早くTOして、早く上げて、しっかり待機するべきだな。

2日目。
西風が強く、ゴール者は無し。
やはりスタートを失敗し、2回目になってしまった。
九度山からの帰りに西風に阻まれ、北山麓に降りてしまった。
山の斜面に当たる風を利用すべく、山を上手く使って帰るべきだった。

3日目。
この日は80kmとロングタスク。
スタート前のサーマルがはっきりしてなく、疑問に思いつつも1回目でスタートしてしまった。
ロングタスクのことも考えると2回目スタートの方が良かった。
それと、橋本からの帰りに沖を使うか山を使うか中途半端なコースを選んでしまった。
途中、しっかり上げずに動いてしまったのも良くなかっただろう。
ゴールしたもののタイムが遅くなってしまった。

4日目最終日。
スタートはそれなりに良かった。
それでも先頭集団に少し遅れていたのを、追いつこうとスピードを上げたのが良かった。
ただ、最後から2番目のサーマルが慎重になりすぎた感がある。

今後の課題としては、スタートをきっちりすることと、一人で飛ぶ力を付けることかな。


それにしても、優勝したD門さん、準優勝のI垣さんにはまだまだ実力差があるなぁ。
早く追いつきたい。
[PR]

# by yujisuzukis | 2012-02-15 17:07 | フライトログ


明日から紀の川スカイグランプリが始まる。

来年行われる世界選手権の日本代表を決める今年最初の大会である。

先週末は1時間ほど飛んで機材のチェックをしたし、一昨日の夜はムタと過去のフライトログを見てエリアの復習もしたし、まあまあ準備はOKかな。

とは言っても、あまり気合いを入れると空回りするのが僕の修正なので、大会を楽しんできまっす。
そうすれば、おのずと成績も付いてくる。

関西フライヤーと絡んで、王将食べてと、楽しみじゃ。
[PR]

# by yujisuzukis | 2012-02-08 22:22 | フライトログ

ハンググライダーの、空を飛ぶことの、素晴らしさをたくさんの人に伝えたい。

そんな想いを今年は少しずつ形にしていこうかと思ってます。


先日1/14、トレイルラン選手の宮地藤雄さんが主催するマラソン大会「ARAKAWAクリーン10K」にゲストとして参加させていただきました。
ゲストは他にも400ハードル秋本真吾選手、ピラティス市河麻由美さん、
パラリンピック三段跳び羽根裕之さん、SPORTS FOR JAPAN代表山田くんがいらしてました。
僕は走ってないけど、少しはハンググライダーを宣伝できたかな。

ARAKAWAクリーン10K
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bt_fujio/article/2765

d0106999_1993067.jpg

写真はこのイベントで優勝した たくみくん

そして後日、この大会で知り合ったTAG代表田口さんと打ち合わせ。
スポーツを通じて少しずつ繋がりが広がってます。
[PR]

# by yujisuzukis | 2012-01-19 19:13 | イベント


先週末に飛び初めしてきた。

日曜は晴天ながらも、+80mくらい。
リフトはそれなりに良かったんだけどなぁ。
さすが板敷!
いつも稽古つけさせてもらってます(笑)


月曜はちょっと浮気。足尾でフライト。
しかし、セットアップ中に板敷からTOしたM松さんが「わざわざ足尾に行かなくても良かったのに」と言わんばかりに足尾上空に笑顔で登場。
今年も板敷の平和はM松さんが守ってくれそうです。

この日はMAX1200m。上がった人は1400mくらいまで上がったみたい。
イタリアで一緒に戦ったO田さんと少し一緒に動いたんだけど、無線も合わさずに一緒に飛ぶのはアイコンタクトで意思疎通してるみたいで楽しい。
でも、サーマルトップで待っててくれたのに先に足尾に戻っちゃって悪いことをしたな。
O田さん、ごめんなさいm(_ _)m
テストフライト1時間20分


今年はたくさん飛びたいな。
[PR]

# by yujisuzukis | 2012-01-11 22:29 | フライトログ


新年明けましておめでとうございます。

昨年は世界選手権出場や山形移住の際、みなさんにはたくさんの応援を頂きまして、
本当にありがとうございました。

いろいろ悩んだ結果、今月から関東にベースを戻して、新しい収入を探しつつ、
ハンググライダーの普及に努めていくことにしました。

これからもみなさんにお世話になります。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


鈴木由路
[PR]

# by yujisuzukis | 2012-01-01 21:23 | その他


ハンググライダーは、上昇気流に乗り上空へ登って遊ぶもの。

「どこまで上がれるの?」と聞かれると、「だいたい雲の高さまで」と答える。
ただし「雲の高さ」と言っても、積雲と呼ばれる低い空にできる雲のことで、その高度は気象条件によって異なってくる。
高度500m(スカイツリーよりも低い)だったり、高度3000m(富士山よりも少し低い)だったり。

基本的には雲の底面までしか上げられない(有視界飛行が原則なので)が、
運が良いと雲を横目に上昇を続けることができる。

そこでさらに運が良いと、自分のグライダーの影が雲に映り、その影の外側に虹ができる。
これをブロッケン現象と言うが、めったに見ることができない。

ぜひ自分の目で見てほしいから、あえて写真を載せない。
空の上でめぐり合える自然の神秘。
自分を囲む自分だけの虹だから。
[PR]

# by yujisuzukis | 2011-11-01 16:38 | ハンググライダーの魅力

10/6~10にかけて茨城県で行われた日本選手権に行ってきた。
昨年の日本選手権は3位だったので、今年はさらにその上を行くと意気込んで挑んだ。


初日
TO-キノコ山ー高峰山ー飯田ダムー足尾MLD 45kmタスク

渋いコンディションながらなんとか上がり、2回目のスタート。
1回目にスタートした人達に追いつき、調子良く飛ぶも飯田ダム近辺がオーバーキャストで上がらずLD。で、10位。

2日目
50kmくらいのタスクが組まれるも強風のため、キャンセル。

3日目
TO-烏山ー富谷山ー八郷役場ーMLD 83kmタスク

加波山で良いあがりをしているも、後半は雲底が上がる予報&I垣さんD門さんが2回目のスタートを
待つそぶりをしていたことから自分も一緒に待つことに。

結局コンディションは良くならず、1回目よりも低い高度でスタートするも、烏山近辺で先頭集団に
1サーマル差まで詰め寄り、富谷山で追いついた。
が、低くなりすぎた為富谷山で上がらず降りてしまった。
ちなみに、D門さんは烏山で先頭集団を追い抜いたらしい。やはり世界4位の飛びは格段違った。
Daily 12位

4日目
TO-群馬県藤岡市 ストレートゴールで92kmタスク

ビッグタスクを組まれるも足尾近辺は激渋!
800mくらいまで上がった人たちから西へ発射。
自分はみんなよりも遅めになってしまい、トノヤンと愉快なMOYESチームで西へ発射。
西で1サーマル+ちょろっと上げただけであえなくLD。
Daily 11位

最終日
TO-猿公園ー燕鉄塔ー難台山ー国民宿舎つくばねー足尾TOー八郷役場ー足尾MLD 38km

激渋予報に加えて西風。早めに並ばないとスタートが遅れると判断し早めに準備。
それが功を奏して1回目のスタートに間に合う。コンディションも予報に反して案外良い。
コース取りが悪く、燕鉄塔を取れずに板敷へこぼれるも「さすが板敷!」この日最高のリフト+3m/sで上昇し、燕鉄塔を取って再度板敷で上げる。この日の板敷はどこでも上がる感じ。
その後難台山で上げ、足尾に400mくらいで帰ってくるも、足尾は激渋。H林さんが上げたサーマルに乗り切れず、距離を伸ばしてLD。
それにしても、ホームエリア板敷のサーマルは居心地が良かった。

Daily 1位


総合成績 4位


<反省>
基本的に、良い動きは出来ていたものの、初日や3日目みたいに途中から渋くなるコンディションに
うまく頭が切り替えられず、低く動いてしまい距離を伸ばせないで終わってしまう。
前回の池田の大会でもそうだった。
日本のコンディションはこういったことが頻繁にあるので、空中でもっと冷静に状況判断しなくては
ならない。
常に先の空域を見て、渋くなってないか判断するべきだ。
[PR]

# by yujisuzukis | 2011-10-15 09:19 | フライトログ

世界選手権から帰ってきて最初の大会、第9回池田山カップに行ってきた。

『世界戦で学んできたことを活かせるか?』『次の世界戦に出るためのポイントを取らなければならない。』
そんなことを考えて挑んだ。

Task1。途中降りそうになるもなんとか戻したが、最後コース選択が悪く、ゴールならず。6位。

Task2。スタートから先頭を走るも第一パイロンを取ってランディング。意外と4位。

Task3。好スタートするも、途中スタック。だいぶ置いて行かれたと思って飛ばしたら、ゴールまで150m届かずランディング。ゴールをしていれば5分も断トツで1位だったらしい。
言葉にならない。悔しい。
痛恨の11位。

人生2回目となるはずだった優勝を逃し、総合6位。


反省をすれば、
スタートライン近辺に早めに待機し良いスタートを心掛けた結果、毎回最初のスタートゲートで高い位置でスタートできた。
Task1,3は、もっとゴールへの執着心があればゴールできた。いかなるときも一歩冷静になりゴールすることを考えるべき。
[PR]

# by yujisuzukis | 2011-09-22 01:24 | フライトログ


世界選手権が終了し、8月1日に無事帰国しました。

多方面の方々からたくさんの応援を頂き、たいへんありがとうございました。

二日しか成立は致しませんでしたが、良くも悪くも実力を発揮することができ、新たな課題と可能性を見出だしてきました。

これも応援してくださった皆様のお陰です。
本当にありがとうございました。


現在は、帰国したその足で山形にきており、新しい生活がスタートしています。
ここ山形県南陽市十分一エリアで東北のフライヤーを増やすべく、奮闘して参りますので何卒引き続きの応援宜しくお願い致します。

フライヤーの方も、そうでない方もぜひ南陽に遊びに来てください。
温泉に入り、一緒に飲みましょう。
[PR]

# by yujisuzukis | 2011-08-05 07:55 | フライトログ


結局、二本選手権となってしまった。

でも、課題も見つかり、多少の手応えもあり、とても良い経験になりました。

みなさん、本当に応援ありがとうございました。



世界選手権2011 in Monte Cucco

TASK1
84km 576点 35位

TASK2
114km 2時間32分35秒 851点 15位

Over All
1427点 27位
[PR]

# by yujisuzukis | 2011-07-30 21:30 | 世界選手権